万が一に備えての防災用品を、詳しく丁寧に解説するサイト『もしものための防災用品』
万が一に備えての防災用品を、詳しく丁寧に解説するサイト『もしものための防災用品』

いつやってくるかわからないのが大地震などの災害です。
被災した場合に備え、何を準備しておけばよいのでしょうか。
いざというときあると良い物、無くて困る物など、実際に体験してみないと分からない部分
もあるでしょう。
食料品や保存水だけでなく、命を守るためには防災用品が必要になります。
このサイトではいざという時のための防災用品をまとめてあります。
備えあれば憂い無しですので、皆さんが今から出来ることとして、災害対策の参考として、
このサイトを活用していただけたら幸いです。

飲料水

人間が一日に必要な水は3リットルと言われています。長期保存可能なものを最低3日分は用意しておきましょう。

衣料・下着

防災用品の中に衣類類も入れておくと安心でしょう。下着やTシャツなど、最低限の衣類を用意しておきましょう。

工具

簡単な工具類の他にも、ハサミやナイフ、カッターも準備しておきましょう。裁縫用具や安全ピンなどもあると便利です。

日用品

歯ブラシや歯磨き、石鹸や洗たく洗剤などがあるといいでしょう。

食料品

救援がくるのは3日後と考え、飲料水と同じく最低3日分の非常食を準備しましょう。乾パンだけでなく、現在はさまざまな食品が非常食として販売されています。

地震直後に部屋から脱出するときにも靴は必要になります。家の中でも床には危険物が散乱している可能性がありますので、裸足で歩くのは危険です。